トイレでの水漏れの修理

トイレで発生するトラブルとして、最後に紹介するのは水漏れについてです。トイレには数多くの水漏れが起こりやすいポイントがあり、どこで水漏れが発生しているのかによってトイレ修理の難易度が変わることになります。それでは、トイレで水漏れが起こりやすい場所について紹介します。

まずは、便器の接地面が挙げられます。ここから水漏れが起こっている場合、考えられるのは下水配管から水漏れが起こっている可能性です。一戸建て住宅の場合、トイレの排水管はトイレの内部で床に対して繋がる形となっているため、直接見ることができません。そこで水漏れが起こっていると、トイレと床の隙間から水が漏れ出します。この場合は、自分で修理するのは難しいでしょう。そのため、クラシアンなど専門の業者に任せましょう。

トイレの水漏れが多い場所として、次に紹介するのは手洗い蛇口についてです。こちらの場合、水漏れの原因は蛇口自体やパッキンである場合が多いでしょう。パーツがあるのであれば自分で修理できる場合もあります。自分で修理を行う場合、必ず止水栓で水を止めた上で修理を行うようにしましょう。水が出る状態のまま修理を行うと、トイレ中が水浸しになってしまう可能性があります。そうなると、その後の処理が大変になります。